2018年05月17日

色いろいろ \ • 色相のこと

こやまわくわく洋画教室のPainter•AdviserのReikoです。

庭の藤の花も終わり、クマンバチがいつの間にかどこかへ
飛び去って行きました。
ふじまめがたくさん実ることでしょう*

色相とは赤黄青紫など、色の相違のことですが、
ご存知のように太陽光をプリズムを通して分解すると
波長により虹色《赤•橙•黄•緑•青•藍•紫 》になり、
人は《赤•緑•青》の三原色(光の三原色)を識別出来ますね。

ところで今世界的に消失が心配されている昆虫、
ミツバチのことですが、
今から一億二千万年前頃、紫外線を吸収するので安全と思われる
コブシのような白い花が誕生すると、共にハチ目が誕生。
そして九千万年前位になるとミツバチが誕生したと
考えられているそうです。
このミツバチのように
現在のほとんどの昆虫は多くのレンズのついた複眼をもち、
紫外線の色も見ることができ、蜜の色も見えるそうですが、
最初の昆虫の甲虫はテントウムシやクワガタなどのように
紫外線を防ぐ為 黒い甲羅を被ったような形、
そして色覚は一色か二色しか無かったと
考えられているそうです。

ミツバチは私たちの食物の100種の果物や野菜の
70%もの受粉を担う大切な昆虫ですが、
ミツバチの色覚能力はノーベル賞を受賞された
フォン•フリッシュ博士の研究により
優れた色覚をもつことがわかっているそうです。

ところで 制作における色相のことですが、
彩度をいろいろ変えるとそれに応じて
全く新しい多様な表現が展開できます。

また《色の幅》
という表現をすることがありますが、
これは使う色の数のことをいい、
一つの色にしか見えなくても
固有色にどの様な色が含まれているか考えたり、
明度や彩度を観察することにより
いろいろな色が見えてきますので
幅を広げていきたいですね。

そして『色が《生》ですね。』という言葉を
お聞きになったことがあるかもしれませんが、
それは 色が 《絵具の色そのまま》 という意味で、
ものの色になってないことを言います。


いろいろな色を使って楽しみながら制作したいですね。


IMG_20180326_184138.jpg
〖《宙(ときのなかで) •コブシ》M100 混合技法 小山玲子〗





posted by れいこア‐トル‐ム at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年05月03日

春景

こやまわくわく洋画教室のAdviser&PainterのReikoです。

庭の藤が満開です。
今年は大雪で木々がどうなったか心配でしたが
かえって勢いよく、また美しくなり、
自然の強さには驚かされます。

今回も作家の小林 哲夫さんから春景を☆

星2『5月初旬起床すると快晴だ。ヨーシ!
       今日は山里の絵を描きたくて早朝
       粟ケ岳の麓へ車を走らせる。
       静かな山村の写生地に着くと水を張った田は
       里の新緑の樹々、粟ケ岳を映し、まるで鏡を
       敷き詰めた様に光輝いている。美しい!
       時間があるので北峰、中峰、主峰粟ケ岳の
       三峰全山を欲張って描いてみた。
     
IMG_20180505_161814.jpg
  〖《水張りの頃•粟ケ岳》(加茂市 小乙)  
        文•油彩画       小林 哲夫)〗


星2『安曇野IC(旧豊科)を降り高速道路沿いの下道を
       新潟に向かって2Km程走ると、道の駅スイス村がある。
       そこからの眺めは安曇野を象徴する様な風景が広がっている。
        日本の屋根、残雪の北アルプスが連なり、
        山麓に広がる田園風景と、
        立派で美しい屋敷林が点在している風景は
       そのまま一枚の絵になるが、
        写生は観光客が菜の花畑にも大勢あふれているので
        勇気が必要だ!覗かれることを覚悟して描いてみた。

_20170904_104443.JPG
〖《安曇野春景》(豊科町スイス村)
       文•油彩画   小林 哲夫〗


春景 ありがとうございました♪  田植えも始まりましたね。




posted by れいこア‐トル‐ム at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年04月05日

ダイバーの潜水記 W 『大瀬崎の二日目のこと』 >°))))彡

こやまわくわく洋画教室の Painter • Adviserの Reikoです。

星2前回の続き、伊豆 大瀬崎の海のお話を
     ダイバーからです。
     想像力がふくらみますね。


ダイヤ【今回は二日目の大瀬崎の魅力をご紹介します。

伊豆に海のダイナミックと伊豆独自の
マクロの世界を同時に 一日で体験できるのは
大瀬崎の海の魅力でしょう。

まず一本目のポイントは 土、日、祝日及び
決められた日に潜ることが出来る先端で、
大瀬神社を通ってすぐにエントリーです。

このポイントは
目の前に日本一高い富士山を水面から見ながら
日本一深い駿河湾へGO!
水面からくっきりと見える富士山は本当に素晴らしい!
そして私は海を見た瞬間、
竜宮城のようなカラフルな魚や
ソフトコーラル(サンゴの仲間)といった
日本海の海とは違う世界に感動し、
その一瞬に酔いしれてしまいました。
伊豆とはいえ真冬。その寒さも忘れて心はホットです。

ウミトサカやムチヤギ、マトウダイ、
サンゴイソギンチャク、カクレエビなど
バラエティーに富んでます。

_20180405_074220.JPG
(サンゴイソギンチャクと カクレエビ)


_20180405_073953.JPG
(ウミトサカとミノカサゴ)

水深の浅い7mくらいのところは
ウミトサカが花畑のように群生しています。
18m位からはヤギの群生、
キンギョハナダイの群れ、
そして急に深くなり30mまで落ちこみます。
ここにもダイナミックさと
ウミトサカを住み家とするマクロの生物が見れます。

_20180405_073851.JPG
(ウミトサカとウサギコダマガイ)

_20180405_074200.JPG
(ヤギとガラスハゼ)

あまりの面白さに、
この一本のダイビングが短く、
あっという間に感じたのは初めてでした。

二本目は柵下といって流れの影響を
受けやすいポイントです。
ごろた石をタンクを背負って飛び移りながらエントリー。
このポイントも水深が深く30m以上にもなります。

ムチカラマツ、サクラダイやスジハナダイ、
カエルアンコウ、スズメダイの群れ、
ミノカサゴなどが見れます。

_20180405_073928.JPG
(ウミトサカ)

_20180405_074051.JPG
(サクラダイ)

_20180405_074029.JPG
(スジハナダイ)

_20180405_074130.JPG
(ウミウチワとイズカサゴ)

情報によると、世界一おおきなカニ、
タカアシガニに会えるかもしれないと
期待して潜りました。
急に深くなっているところでは
そのまま吸い込まれそうになるくらいです。
初めてのポイントなので ちょっとコースを
間違えて目的のポイントに着かず、
ガックリしながら周りを見渡していると 
なんとヤリイカのオスとメスが出会い、
瞬間に岩の陰に卵を産み!

_20180405_073910.JPG
(ヤリイカの交尾)

息するのも忘れてる程 興奮している自分の姿が
面白くもワンチャンスの良い写真も撮れ、大満足です。

タカアシガニのポイントも忘れ、
宿に着くまで話ができない程、大瀬崎の海は素晴らしい。
そして私は40年近くの間通い、大瀬崎のとりこになりました。
はっきり言って、夏の伊豆はわかりません。
冬の伊豆の海のみですが、
これだけの生き物に会えたのは素晴らしく、大満足です。
また伊豆の海に期待して新潟へ。

enjoy diving!

まだまだ大瀬崎の魅力はたくさんありますので
これからもお話していきたいと思います。
第五回潜水記も乞うご期待ください。
         《水中写真•文  畠野 盛喜》】ダイヤ


星2サンゴイソギンチャクとカクレエビの水中写真、
      おもしろいですね。 
     また珍しい水中写真とお話をたのしみに しています♪
      ありがとうございました。



posted by れいこア‐トル‐ム at 15:13| Comment(0) | 日記

2018年02月26日

ドローイング drawing って U ?

こやまわくわく洋画教室のPainter・adviserのReikoです。

春が待ち遠しい日々ですね。

ところで前に少しお話させていただきましたが
drawingはアメリカでは
日本でのデッサンに似た意味で扱われていますが
もう少し詳しくお話させていただきます。

drawingは現在ではその他、 様々の解釈であつかわれ、
テーマを探し出すもの、
表現を探るものとしても位置づけられています。

基本的なドローイングでは
対象を鉛筆で実際なぞっているつもりで、
膨らんだり、先細りになったりの線で
ざっとの線描きを繰り返すうちに
輪郭線とその内側の立体感を出すことが
出来るようになりますが、
とりかかりとして最初は
静物がドローイングしやすいかも・・・
ですね。

日常じゃまにならない台の上に一つ、
または いくつかの物を組み合わせて置き、
いつでも続きを描ける状態にして、
ドローイングを完成するまで続けます。
そのうち興味をそそるものが少し
わかってくるかもしれません。
建物、人物、動物、花etc.
抽象でもそのもととなるものがあるはずなので
自分の興味をそそるものに挑戦してみます。

また一枚のドローイングは
できるだけ細部までていねいに仕上げ、
もう一枚はフロッタージュ、
インプレッシング(目に見えないドローイング)、
スグラフィート、スフマート、点描etc.
などの技法や異なる画材を組み合わせて
表現を探っていくと楽しいですね。。

ドローイングは見ること・なので 
いろいろ試すことにより
想像力が刺激され、柔軟さをもつように思えます。

私もそんなことを考えて制作のための
ドローイングを続けていきたいと思っています。






posted by れいこア‐トル‐ム at 20:27| Comment(0) | 日記

2018年01月21日

ダイバーの潜水記 V

こやまわくわく洋画教室のadvise・PainterrのReikoです。

星2久々のダイバーの潜水記です。

45億年前、海が誕生した時の海の温度は
150℃を超えていたと考えられ、その後
ジャイアントインパクトにより海底火山ができ、
生命が誕生したと考えられています。

その不思議の海のお話をお聞きしましょう星2


ダイヤ『今回は 40年位前、まだ今のように
ダイビングが流行する前、
私が初めて伊豆の海に
挑戦したときのことをお話しましょう。

その頃はdiving(ダイビング)よりaqualung(アクアラング)、
また潜水士という方が一般的で、
ボンベの中の気体を酸素といっていた時代です。
(ちなみに中の気体は空気です。)

またその頃は黒のウエットスーツ(両面スキン)、
ダブルホースのレギュレーター、
片手に水中銃、腰にすかりといった
スタイルが主流でした。
今の時代でしたらすぐに漁協の職員が
とんできますね!
まぁそんな時代の話です。

私が初めて挑戦した伊豆のダイビングポイントは
西伊豆の大瀬崎、静岡県沼津市大瀬崎です。
私がここを知ったのは、
月刊誌「海の世界」の冬の特集で、
隅から隅まで読んだのを覚えています。

この冬に潜水!と思って読んでいたのですが、
この大瀬崎は冬になると透明度が良くなり、
風の影響をほとんど受けずに潜れ、
駿河湾の深場から深海魚にあえる
珍しいところと紹介されていました。

潜ってみたいと思ったら最後。すぐ実行!
私をふくめ7名のメンバーで
さっそく準備して出発です。
なにも計画らしい計画もたてず、
まだ新潟から東京まで高速はなく、
下道で山越して10時間です。

ほとんどすれ違う車はスキー客!
沼津で高速を降り、駿河湾に沿って
1時間程で西伊豆 大瀬崎に着きました。

ここはおもしろい地形になっていて、
入り江の入り江があり、
夏は海水浴場になっていて、
冬はダイビングが出来ます。
浜茶屋が5〜6軒、ダイビングサービスが
2〜3軒、宿の前がポイントと
優れた所でしたが、さっそくタンクをレンタルし、
宿で沼津名物のアジの干物定食を食べ、
さー潜るぞ!

一本目は宿の前の湾内で、
このポイントはどんな風が吹いても大丈夫。
しかも富士山を見ながら潜れるぞ!

朝1本は汐がひいていたので
膝の深さ20〜30m進むと砂状ブロックが
水中にあって、そこから潜水開始です。

大瀬崎湾内ポイント.jpg
(大瀬崎湾内ポイント)

水深4〜5mで砂地になっています。
ここにはネンブツダイが大きく育ち、
群れをつくっていました。
ブロックの間をみるとソラスズメダイ、
ゴンズイ、ムレハタタテダイなど
南で見られる種類です。


ゴンズイ.JPG
(ゴンズイ)

ハタタテダイ-2.JPG
(ハタタテダイ)

      アジの群れ (2).JPG
        (アジの群れ)

時折ミノカサゴがゆっくりホーバリングして、
砂地にはオキゴンベが
じっとこちらを見つめています。


ミノカサゴ (3).JPG     
(ミノカサゴ)


  オキゴンベ.JPG
      (オキゴンベ)

そしてムラサキハナギンチャクの
直径30cm もありそうなのが20くらい群れています。


ムラサキハナギンチャク.JPG      イソギンチャクとイシモチ.JPG
(ムラサキハナイソギンチャク)                                                                 (イソギンチャクとイシモチ)

それはそれはみごとです。透明度は10〜15m位です。
魚の種類は日本海に比べてカラフルです。
大瀬崎は湾といっても魚類は
わかるだけでも25種類です。
さすが伊豆です。

『この湾のナイトは気持ちがいいぞ』と
食堂でダイビングの情報を聞き、作戦をたてます。
どんな魚種がいるのか?
それに合わせてカメラレンズを決めます。
情報を聴けば聴くほど
心ウキウキと期待が高まります。

外はすっかり暗くなり、対岸の沼津のライトが美しい。
しかしそれによいしれている時間はありません。
さぁ出発!
宿の前からエントリー。楽でいいなー。

潜るのは昼と同じで、昼より夜の方が
水中のロケーションは良くなっているようです。
ライトがブルーの色に吸い込まれていきます。
これがナイトダイビングのよさかな。
夜の海は魚は岩に隠れて寝ている方が多いのです。
夜行性の種類が動き回っているはずだと
あたりを見まわすと、足元になんと
アンコウがいる。30cmくらいかな。

アンコウ.jpg
(アンコウ)

アンコウはライトの光で驚いて、動きが鈍い。
シャッターチャンス!
カシャ カシャ、前から上から横から
しつこいくらいにシャッターを切りました。
撮りつくそうと心の中で笑いましたが、
キアンコウは怒ってるな。
大きな口を開けている。
『わりーわりー』と謝り、
『ありがとう』と別れました。


カエルアンコウ.JPG
(カエルアンコウ)

カエルアンコウには
尾びれ、背びれ、胸びれがあります。
動くすがたをそっと観察する。
よく見ると頭の所に提灯がついて
胸びれで歩く顔は自分が一番いいと
言っているような口の動かし方で、
その名はカエルアンコウの仲間です。
すかさずシャッターを切ります。
残り3枚!
しかしいいアングルを決め撮り(^^)v



テングノオトシゴ.jpg
(テングノオトシゴ)



宿の食堂であったかいコーヒーを飲みながら
反省会を行います。
図鑑を片手にワイワイガヤガヤ。
冬のダイビングでこんなに楽しいことはありません。
すると噂のチャルメラが聞こえて外へ。
『うめー』
これで一日終了です。

次回は二日目のダイビングを
水中写真と共に楽しんで頂ければと思っています。
乞うご期待☆

               〖文・水中写真  畠野 盛喜〗ダイヤ


星2ステキな水中写真とお話、
ありがとうございました。
ムラサキハナイソギンチャクきれいですね!
また夜行性の魚達の
珍しい姿もおもしろいですね。
また楽しみにしてます星2







続きを読む
posted by れいこア‐トル‐ム at 00:02| Comment(0) | 日記

2017年12月28日

子供と絵と…。

こやまわくわく洋画教室のadviser、Painterのreikoです。

教室を始めて5年近くたちました。
今年もいろいろな方とお会い出来、
お話出来たことを幸せに思います。
ありがとうございました。


    ★★★★★★★★★★★★★★★


♢子供達と一緒に作品作りをしながら
私が学ばせていただき、感じた、
子供達に知って欲しいな〜 とちょっと思うこと。

ダイヤ〖自由ってなに?〗ダイヤ

子供達のなかに
★《自由に描く》 = 《好き勝手に描く》

★《 絵の時間 》 = 《 好きかってに遊ぶ 》

と思っている子供がいることを
たまに感じます。

スパーク2(キラリマーク)《自由に》 = 《好き勝手に》のことスパーク2(キラリマーク)

ダイヤ四つ葉自然は長い長い時間をかけ
進化の中で共生共存の
生態系を作り上げてきています。
動植物は生きていくうえで
都合のよい体をもっています四つ葉

星2好き勝手に描くことは でたらめになりますね星2

ですからそのことをわかったうえで
『絵の中で自由に なのになぁ〜』と。ダイヤ


IMG_20171113_222917.jpg
《 恐 竜 》 小学校4年生

『僕は恐竜が大好きです。
今年の夏休みに、 ずーと行きたかった
福井恐竜博物館に行ってきました。
この絵は大昔の福井を表してます。
油絵で福井にいた恐竜を描くことに
挑戦しました。』

(2017.10 場としての《游》展
県民会館3FギャラリーB 出展作品)



IMG_20160921_133102.JPG
《ワニと鳥》 小学4年生

〖ぼくは初めて鳥がいろいろな動物の
歯のそうじをすることを知りました。
それで鳥がワニと一緒になかよくいるところを
 コラージュで絵にしました。
コラージュを初めてして、
いろんな物をくっつけることで
絵になってすごいと感じました。〗

(2016.9 場としての《游》展
県民会館3FギャラリーA 出展作品)


 ダイヤ★★ 色彩のこと ★★ダイヤ

日本の子供達もカラフルに自由にいろいろな色を
使って欲しいな と思います。


IMG_20171114_114347.jpg
《楽しいハムスターのケージ》 小学校4年生

『私はハムスターを飼っているので
ハムスターを描きたいと思いました。
思っていたよりハムスターの形が
難しかったです。』



IMG_20171027_191255.jpg
《小アジを食べているアイナメ》
      (ガラス絵)     小学3年生




_20171030_082500.JPG
〖夢の中のねこ〗   小学校6年生

『パステルに初めて挑戦しました。
猫のフワフワ感を出すのが難しかったです。』



_20170908_182218.JPG
《少林寺のかまえ》    小学校2年生

(私は少林寺を習っているので少林寺のかまえで
いろいろな形をかき、形ごとにつよそうに見えるように
後ろの色をぬりました。どうぎをかくのが
むずかしかったけど、がんばってかきました。)


_20171027_203812.JPG
《朝の夢散歩》       小学4年生

(私が犬を描いたのはアパートが
ペット禁止だからです。
自分の手を描くのがとてもむずかしかった!
地面を塗る時、筆の大きさを工夫しました。)

(2017.10 場としての《游》展
県民会館3FギャラリーB 出展作品)



ダイヤ《 絵の時間 》 = 《 好きかってに遊ぶ 》のことダイヤ

星2いろいろ考え、工夫すること星2
〈好き勝手に遊ぶ〉ということではなく、
『楽しく絵を描いたり、工作、版画などをしましょう』
という意味なのになぁ〜 と。


_20171027_202826.JPG
〖 きれいな花の花たば 〗 小学校3年生

『生のきれいな花束を写生しました。
私の夢はデザイナーです。
サインをデザインし、書きました。』



_20171112_202858.JPG
〖ウクレレ (多色刷り版画)〗 小学校6年

『私のウクレレを多色刷り版画にしました。
上手になって色々な曲を弾けるようになりたいです。』



_20170930_121100.JPG
《ねこ。》 小学校4年生

私はねこが好きなので、ねこを多色刷り版画にしました。
初めてちょうこくとうを使って版画にちょうせんしましたが、
細かいところをほるのがむずかしかったです。

(2017.10 場としての《游》展
県民会館3FギャラリーB 出展作品)



IMG_20160310_200729.JPG

ダンボールでピッチャーとバッターを作りました。
《ぼくは野球が大好きです。
野球の選手 になりたいです。》


《2015.12 場としての《游》展
県民会館3FギャラリーA 出展作品》


ダイヤ想像力のことダイヤ

幼い時たくさん絵本を読んであげたかな。
子供が興味をもったのかな と思った時
実物や図鑑を見せてあげたのかな・・・。
と思われる子供はとても簡単に想像力を膨らませ、
楽しんでどんどん鉛筆を走らせます。

スパーク2(キラリマーク)まぁ 記憶の知識から想像を膨らませ、
描くのですから当然ですね。


_20171027_203424.JPG
〖いなばの白うさぎをよんで〗 小学校2年生

『いなばの白うさぎをよんで、
うさぎがサメの上に とんでいるところをかきました。
サメがうまくかけませんでしたが、
うさぎがうまくかけました。
うさぎみたいに うそをつくと
わるいことがおきるとわかりました。』



_20171027_202746.JPG
《こいの たきのぼり》 小学3年生

『〖こいのぼり〗が出来たお話の
〈こいのたきのぼり〉の絵を描きました。
こいは 図かんを見て描き、
とっても上手にかけてうれしかったです。
たきを描いた時、 とくにむずかしかったところは
岩からたきがきれいにおちていくところです。』

(2017.10 場としての《游》展
県民会館3FギャラリーB 出展作品)


ダイヤすぐれた芸術家や科学者は豊かな想像力や
空想力で人々を驚かせてきましたが、想像や
空想を描くことはでたらめを描くことではありませんダイヤ

星2星2科学的知識や物語から空想を造り上げていくこと。
それなりの理屈が必要なのです星2星2

*多くの子供達が空想や想像の絵を描くと
マンガのキャラクターや場面がすぐ現れます。

星2自分で考え、自分を主張し、そして想像力を
発揮させるには 描くものの基礎知識が必要スパーク2(キラリマーク)

手習うことでいろいろな知識も学んで欲しいな〜
と思います。

国語・算数・理科・社会の
いろいろな知識がきっとステキな
絵を生むでしょう。



_20171027_201714.JPG
〖 ようこそ!! 楽しい宇宙へ 油彩 F15〗 小学6年生

『この宇宙は僕の頭の中の宇宙です。
星の生まれ変わりや探査衛星などがあります
僕の宇宙へ Let'sGo! 』



_20171027_203942.JPG
《宇宙の未来都市》 小学5年生

『宇宙の未来都市を想像して描きました。
地球から宇宙都市へはエレベーターで行きます。
一つ一つの町は太陽のエネルギーを集めるそうちが
カプセルの上についていて朝も夜もあります。
宇宙の明るい町を色々な色を使って
カラフルにしました。』



_20171027_203907.JPG
《むかしのたてもの》 小学校2年生

『あきばくにある いせきを見に行ったことがあります。
今から一万年前ころの じょうもん 時代 や
やよい時代の 家 とか はにわ は
ほとんどが土や木など自然のものからできています
高床式そうこは ネズミから中の作物をまもるよう
はねかえすための出っぱりや
高ゆかの工夫があってすごいです。

いね の みのったキラキラしたようすを
金色を使って描きました。 』

(2017.10 場としての《游》展
県民会館3FギャラリーB 出展作品)



IMG_20160921_185414.JPG
《一点透視図で階段を描いた!》小学校5年

遠近法で階段を描くのにチャレンジしました。
ついでに家の中をカラフルにデザインしました。

2016.9 場としての《游》展
( 県民会館3FギャラリーA ) 出展作品


_20171224_105213.JPG
《福島潟の菜の花畑》  小学校4年生

(私は風景画が好きなので
一点透視図で風景画に挑戦してみました。
福島潟には私の好きな菜の花畑があり、
春になると家族で遊びに行きます。
菜の花はよく見るといろいろな黄色の花があり
とてもきれいです☆)



IMG_20171030_160556.jpg
《長岡花火をみんなで見たよ!》小学校2年生

(みんなで長岡の花火を見に行きました。
とてもきれいだったので花火をかきました。
着物を着て見ている人たちをがんばって描きました。
花火の光はまるいことが花火を描いてわかりました)

2017.10.  〖 場としての《游展》〗
新潟県民会館3FギャラリーB  出展作


      〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

星2星2子供達に知って欲しいな〜と ちょっと思う事 U 星2星2

★子供達はいろんな絵を見てるのかな?

ダイヤ絵は言葉の代わりに ひろく、大きく
深い、いろいろな事を表す事ができますダイヤ

ですから、星2作者は何を描こうとしているのかを
考えて見て欲しいなと思います星2

例えば
★フランドルの画家ブリューゲルは
人間の自由を描きました。

★フランスの画家ルソーは、『戦争』や
『平和のしるしに共和国に挨拶にやってきた
列強の代表者たち』
の作品で平和の大切さを描きました。

◆どんな気持ちで作者が絵を描こうと
しているのかを考え、また
真剣に見て感じて欲しいと思います。



IMG_20171027_202328.jpg 
〖地球の自然を大切に〗 小学校5年生

『今の人々は、次世代の地球の自然環境が
今の私達の心掛けで変わるのに
努力を忘れているように思います。
その思いを 森の涙と雫を掛け合わせて
表現しました。』


_20171114_155923.JPG
《 静かな森のなかで 》 小学校6年生

はじめての油絵でしたので
色に気をつけました。
鳥も頑張って描きました。
いろいろな色が入った
印象的な 作品になったと思います。



IMG_20171030_110251.jpg
《玉入れ競争》 小学校 2年生

『春の運動会で玉入れ競争をしました。
練習では勝てなかったけど
運動会では2回戦とも勝って
とってもうれしかったので絵に描きました。
ぼくは赤組です。』




_20171027_203739.JPG
《 フルートから聞こえる音楽 ♪》       中学2年

『油彩画、難しかったけど楽しかった!』


IMG_20171030_110006.jpg
《パロットファイヤー》                   6才

(家でパロットファイヤーという熱帯魚を飼ってます。
名前はパロです。
オスのパロ1号とメスのパロ2号が住んでいます。
ぼくがエサをあげる係です。
エサを見せると喜び、食べる所が一番かわいいです。
パロ1はうろこが少ないので少なく描きました。
パロ1は2にいじわるをします。
パロ2は少しやさしいかおをしてるので
少しやさしく描きました。)

(2017.10 場としての《游》展
県民会館3FギャラリーB 出展作品)



ダイヤ星2たくさんの絵を見ることはきっと
その子供を豊かにしてくれるでしょう星2ダイヤ





posted by れいこア‐トル‐ム at 00:01| Comment(0) | 日記

2017年09月14日

油彩絵の具のホワイトとブラックのこと

こやまわくわく洋画教室のadviser、Painterのreikoです。

『絵の具のホワイトとブラックにはいろいろな
種類がありますが、なにが違うのですか?』との
ご質問がありますので簡単にお話しさせていただきます。

◆ホワイトは色の明度を上げるための絵の具ですが
量のコントロールをせず、多くを混ぜると
彩度が落ちて画面全体が粉を吹いたようになりますので
慣れるまで慎重にしたいですね。

1.シルバーホワイト (成分)鉛白ー有毒(皮膚からは吸収しない)

重い感じのホワイトのホワイトで、
固着力がよく堅牢で混色しやすい。
薄く溶くと塗りやすい。

2.ジンクホワイト (成分)亜鉛華

にごりがなく、どの色とも混色し易いが、
亀裂やチョーキングが起こりやすく、
下地に用いると剥落するので、
仕上げにのみ使ったほうが良い。
肖像画家が好むそうです。

3.チタニウムホワイト (成分)酸化チタン

どの色とも混色出来るが
被覆力が最も強く、
混色時 他の色を喰いやすい。
どの様なタイプの絵にも合うとか。

4.パーマネントホワイト他

ジンクホワイトとチタニウムホワイトを
結合させて作られた柔らかいホワイトで
混色にも使いやすい。


◆ブラックはもっとも明度の低い絵の具。

1.アイボリーブラック (成分)ボーンブラック(動)炭素15〜20%+(灰)

混濁のない透明なブラック。

2.ピーチブラック (成分)パイン黒(植)+(リン酸石灰)

暖かい不透明なブラック。
他の色と用いるには強すぎる。

3.ランプブラック (成分)油煙(鉱)+(タール分を含む)

冷たい不透明なブラック。
他の色と用いるには強すぎる。



IMG_20170915_093810.jpg
(〖地球温暖化で危機的なホッキョクグマ〗 F10 油彩
《シルバーホワイト使用》 小学6年生)
『地球温暖化で氷が溶けて流氷に乗ってるホッキョクグマです。
仲間の所に戻れないクマの親子を救いたい思いで描きました。
ぼくはクマを愛してます。』


星2被覆力=透明度 のことですが
絵の具により被覆力に差がありますので
グレーズ(おつゆ描き)に適した絵の具など、
経験を通して学んでいきたいですね星2

http://reiko-artroom.com/

posted by れいこア‐トル‐ム at 01:01| Comment(0) | 日記

2017年04月15日

デッサン Dessin 素描って

こやまわくわく洋画教室のadviser、Painterのreikoです。

デッサンのお問い合わせがありますので
2015.4のブログを再掲させていただきます。

素描はdessiner(デシネー)(フランス語の描くこと)
からデッサンという言葉になったそうです。

デッサンは古くは画家の下書や覚書など
制作の資料として描かれ
ダ・ヴィンチやレンブラントやアングル他の
画家の制作に役立てられた 素晴らしいデッサンが
多く残されてますね。

そして今日ではデッサンとは
基礎的描写技術から絵画の組立までの
広い範囲までをいうようになりました。
ですからデッサンとは
単に対象を正確に写す描写力のみを
いうわけではありませんね。

岩田弥富先生は《素描論》で
初歩的な石膏デッサンから
クレーなどの一筆描写迄を3段階にわけ

第1段階 対象を正確に描写。
⇨⇨独習が可能

第2段階 対象の不要部分を整理、表現・単純化
⇨⇨描写材料が美術教室が便利

《1・2は統計的にそれぞれ1000〜1500時間の学習》

第3段階 線描を主とした表現
⇨⇨生涯にわたる課題
と書かれています。

デッサンも見ることからですね。


IMG_20170419_124612.jpg
《富川潤一先生 素描》
(ご息女様の許可を得て掲載してます)


http://reiko-artroom.com/
posted by れいこア‐トル‐ム at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年03月20日

火と人と……。

こやまわくわく洋画教室のadviser、Painterのreikoです。

3月20日は『自然をたたえ、生物をいつくしむ』
春分の日、紅梅白梅の香りが春を感じさせる頃。

ところで火という意味は熱と光を発する物体、
またはその現象をいうそうですが
科学的に火が酸化反応であることを初めて
考えたのもダ.ヴィンチだったそうですね。

この火を人が利用し始めの事は
世界中の昔話で語られていますが、
J.G.フレイザー著作の
《火の起原の神話》によると
『人は火をおこすことを知らず、
寒さに震え、夜は暗闇で過ごし、
生ものは太陽の熱で干すことしか知らず、
また硬いタロイモなどをそのまま食べていた
そして
それから人は神や さまざまな鳥や動物から
火を盗みだしたり、もらったり、
火の起こし方を盗み見たり、教わったりして
ようやく暖をとり、夜の暗闇で過ごすこともなく、
焼いたり煮たりした温かい食べ物を食べることが
出来るようになった』と書かれています。

おもしろいですね。

旧石器時代の中国の洞窟に最古の、
人類が火を使った遺跡があるそうです。

光るハート
火により人類は文明を築き上げてきましたが、
人類の発見した第三の火(原子核エネルギーによる火)が
いつもいつまでも人類の平和のためにだけ
使われて欲しいものです光るハート



_20170419_114335.JPG
《黒い雨 コラージュ 小山 玲子》



_20170304_100930.JPG
(土偶 小学校2年生)


スパーク2(キラリマーク)火で焼かれた縄文時代(新石器時代)の土偶も、
いろいろな想像力をかきたてますねスパーク2(キラリマーク)



http://reiko-artroom.com/
posted by れいこア‐トル‐ム at 00:01| Comment(0) | 日記

2016年10月01日

2016.9★場としての《游》大人&子供《展》★子供達作品のこと

こやまわくわく洋画教室のadviser、Painterのreikoです。

2016.915(木)〜19(月・祭)
県民会館3F ギャラリーAでの
場としての《游》展で子供達は

光るハート『この惑星の子供はみんな友達』光るハート

というステキなテーマで描いた作品も
発表しましたスパーク2(キラリマーク)

きらきらこれは 姉妹都市の
ハバロフスク市より新潟市に
2016.5.31の
開基158周年記念日に合わせた
国際児童画展への応募依頼と
10ヶ国参加の国際展の応募依頼が
あった為です。
そのために子供達が一生懸命作品を描きました。
  

そしてハバロフスク市教育局長より
国際児童画展『若者の才能ー愛する街へ』で
作品の芸術的表現力を評価して頂きました。
子供達と とても幸せに思っております。

IMG_20160925_001728.JPG
  


子供達のいろいろな考えをのせた
作品をご紹介致しますので
ご高覧頂ければ幸いです。

IMG_20160404_183811.JPG
《Taiko drums and friends from different countries》
10 year old


IMG_20160404_183653.JPG
《Enjoy baseball》 10 year old


IMG_20160404_183353.JPG
《Sing together 》 12 year old


IMG_20160404_183902.JPG
《We are the world》10 year old


IMG_20160404_183718.JPG
《Circle of friends》 10 year old




IMG_20160416_153345.JPG
《The Galaxy Express 102》 8 year old


20160924172024190.JPG
《Let's Play Musici》 9 year old


IMG_20160416_152648.JPG
《Caching insects with chidren from all over the world》
9 year old

IMG_20160417_143803.JPG
《Cherry blossom viewing with international friends 》
9 year old


IMG_20160417_143707.JPG
《Playing in the park with international friends 》
7 year old


IMG_20160404_183625.JPG
《I want you to know the traditional play of Japan
to chidren around the world》 9 year old


1460893080188.jpg
《Skating with friends from all over the world》
7 year old



光るハート星2 絵には答えがありません。
みんなステキなよい作品ができました光るハート星2

http://reiko-artroom.com/
posted by れいこア‐トル‐ム at 01:00| Comment(0) | 日記