2017年04月15日

デッサン Dessin 素描って

こやまわくわく洋画教室のadviser、Painterのreikoです。

デッサンのお問い合わせがありますので
2015.4のブログを再掲させていただきます。

素描はdessiner(デシネー)(フランス語の描くこと)
からデッサンという言葉になったそうです。

デッサンは古くは画家の下書や覚書など
制作の資料として描かれ
ダ・ヴィンチやレンブラントやアングル他の
画家の制作に役立てられた 素晴らしいデッサンが
多く残されてますね。

そして今日ではデッサンとは
基礎的描写技術から絵画の組立までの
広い範囲までをいうようになりました。
ですからデッサンとは
単に対象を正確に写す描写力のみを
いうわけではありませんね。

岩田弥富先生は《素描論》で
初歩的な石膏デッサンから
クレーなどの一筆描写迄を3段階にわけ

第1段階 対象を正確に描写。
⇨⇨独習が可能

第2段階 対象の不要部分を整理、表現・単純化
⇨⇨描写材料が美術教室が便利

《1・2は統計的にそれぞれ1000〜1500時間の学習》

第3段階 線描を主とした表現
⇨⇨生涯にわたる課題
と書かれています。

デッサンも見ることからですね。


IMG_20170419_124612.jpg
《富川潤一先生 素描》
(ご息女様の許可を得て掲載してます)


http://reiko-artroom.com/
posted by れいこア‐トル‐ム at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: