2019年11月01日

〖since1999《 游 Exhibition 》As a Place for Adults & Children 〗の こと

こやまわくわく洋画教室のadviser、Painterのreikoです。

四つ葉  〖場としての《游》展〗は
故 画家 富川潤一先生の画塾で学んだ仲間たちが、
1999年 画家富川潤一 先生 追悼展を
第一回として出発した展覧会です。
  2001年から他のメンバー作家も加わり、
作家が それぞれのコンセプトの表現を探りながら
個展形式の展示を続け、研鑽してまいりました。

2014年からは 子ども達にも展覧会を学んでほしいと思い、
《大人 & 子供展》として企画し、
2018年には20周年を迎えることが出来ました。

2019.10の新潟県民会館 3Fギャラリー B & 1Fギャラリー での
展示会では 1,000余名もの方々から ご高覧いただき
幸せに思っております。   厚く御礼申し上げます。



ダイヤメンバー出展作家 紹介

四つ葉小山 玲子

〖游展〗には1999年より出展、2018年に20年目を迎えました。

生命は宇宙の彼方から姿を変えながら来た
不確かなすぐに失われてしまうものともいえます。
《平和》のコンセプトにも通じることですが、
この生命のほんの一時の輝きを思い
《宙(チュウ)》の《時のなか》として
表現出来たらと制作を重ねています。

IMG_20190407_214940.jpg
         《 宙 •  (ときの中で (  ヒト  )) 
          S30    混合技法  小山 玲子  》

     
四つ葉岩本 スミ

1999年から〖游展〗にほぼ皆勤出展。
《大地のめぐみ》他、色を意識し制作。
また《猫を擬人化》し制作。
その他故郷の加茂市風景も制作。


_20190806_192125.JPG
        《  監 視 》              〖  油彩  岩本スミ〗


四つ葉舎川  啓子 (関東在住)

〖游展〗に2001年より参加。
『色彩と造形』をコンセプトに
    卓上静物や人物の制作を重ねています。


_20190812_152828.JPG
       (《図 と 地 》  油彩 •  舎川 啓子)


四つ葉厚地 富美子

〖游展〗に2007年から参加。
木版画歴40年程。
《生活の中の人》をいろいろな角度から
  表現してきた他、
《古代遺跡》や古代遺跡につながる《宙(そら)》なども制作。


_20190814_130616.JPG
    《 縄文の祭り 》( 木版画  厚地 富美子)


四つ葉小林 哲夫

〖游展〗に2014年より参加。

 昭和30年(1955)3月高校卒業17才の春に、
 中学の恩師で画家の富川潤一先生の門をたたき
 本格的な絵画の指導を受け、
 主に自然讃歌の風景を描き続けて来ました。


 _20190817_104200.JPG
《 〖  冬   〗  F50  • 油彩  小林 哲夫》


きらきら1Fギャラリー企画きらきら
        〖戦争を知らない子供達へ《幻景• 昭和20年》〗

_20190724_124540.JPG
          




星2 A•I

_20190909_094631.JPG
(     Ma beaute affection   F50 •アクリル       A•I )


星2 猪股 香織

1563960244683.jpg
                 (   F30 • アクリル      猪股 香織 )  


星2 宇田 和美 〖写真〗

_20191013_153716.JPG
    《 食事中 写真  宇田 和美》



星2 小 川  真 子

IMG_20190924_133846.jpg
  〖《 けもの道 》 M12    油彩    小川 真 子 〗


星2 荻野 ともか

_20191003_191851.JPG
〖《  海 から• 一歩 》   F30 油彩   荻野 ともか 〗
        


星2 K.T

_20191018_074212.JPG
〈 生命   油彩 F50   K•T〉


星2 西山 みち子

_20190924_140429.JPG
       ( 《 秋 》 パステル   西山 みち子)



星2 蓮尾  卓行


_20180916_050351.JPG

 〖《 すとっぷ 》  S4 アクリル   蓮尾 卓行〗



四つ葉渡辺 円太

_20190725_140200.JPG
(  《 夏 》        油 彩   渡  辺 円 太)






posted by れいこア‐トル‐ム at 00:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: