2020年09月11日

色 いろいろ 補色って? 同時対比って?

こやまわくわく洋画教室の Adviser & Painterの Reikoです。

 『 補色って何? 』  ( 2016.10のブログを再掲します。)

補色は
イッテンの12色相環のなかで
互いに相対する位置のものをいい、
この色相の異なる二色を混ぜて無彩色となるとき、
互いに二色は補色といいます。

ところで
私たちの目の網膜上の色神経は、
ある色に刺激されると
その補色を残像とする《陰性残像》が見られます。
例えば赤い紙を見て、次に白い壁を見ると
緑色が見えるはずです。
そして残像の背景が暗かったり、
時間が短い時は元と同様な色で見え、
《陽性残像》といわれます
また
ある色を見た時、目は同時に網膜上に
その補色を要求しますが、それを
同時対比 といいます。

そして私達が2つ以上の色を同時に見た時は
周囲の色に影響を受け、異なった色に見えます

同時効果は
補色でなくとも
それぞれ相手の色を
自らの色の補色に移行させようとするので
本来の色彩と見え方が変わります。
しかし明度対比が加わると同時対比は消えます。


補色同士の配色をおこなうと
鮮明な印象となりますね。
シャガールは、この補色で絵画制作をしたことでも
有名ですね。

きらきらこのように色彩協和は 人間の目の中で生じ、
いきいきとした感情の変化を引き起こします。

おもしろいですね☆

_20180916_053556.JPG
(《すれ違い》岩本スミ • F30 油彩 )




posted by れいこア‐トル‐ム at 15:44| Comment(0) | 日記

2020年09月10日

色 いろいろ (色って?)

こやまわくわく洋画教室の Adviser&Painter のReikoです。
《無彩色》って?
というご質問がありましたので簡単に
お話しさせていただきます。
『 無彩色とは
彩度 (全体の明るさに対する色みの割合)が 0であり、
明度だけできまる 白&黒を含む、
様々な濃度のグレイをいいます。

日常会話で《 色 》といえば、色相をいい、
私たちが物を見た時に感ずる 赤や黄、緑、青、
また それらがいろいろに混じった視感覚といえます。
ところで
ゲーリング博士によると
地球の長い歴史の中で、
花の出現が生物の色覚をもたらしたと考えられているそうです。
魚類や鳥類は
いまでも5つの視物質を持っているそうですが、
恐竜出現迄、哺乳類は小型で夜行性だった為、
緑と紫の視物質を失い、
2色性になっていったと考えられているそうです。
そしてサルの仲間が
ふたたび緑の視物質を再び取得した為、
ヒトは赤、青、緑の3色の視覚をもつと
考えられているそうです。
私たちの目の奥の網膜に
光の三原色(赤、青、緑)に対する
色のセンサーの錐体と光の明るさを感じる桿体があり、
様々な色を赤、青、緑の3色の組み合わせとして
感じることができます。
いろいろな色を感じられることはステキなことですね☆

光の色を混ぜ合わせると光のエネルギーが加算され、
色が明るくなり、
3色を混ぜ合わせると白になります。《加法混色》
また
色材の三原色は yellow • magenta • cyanを指し、
色を混ぜ合わせるにつれ、光のエネルギーが減少し、
色が暗くなり、
3色を混ぜ合わせると黒っぽくなります。《 減法混色 》

きらきら絵画においては色彩が重要な役割を果たします。
色の表現効果を考えながら制作を進めて
いきたいですね。

IMG_20190530_141007.jpg
( Keiko作  油彩 )




posted by れいこア‐トル‐ム at 00:00| Comment(0) | 日記

2020年09月08日

〖since1999《 游 Exhibition 》As a Place for Adults & Children 〗の こと

こやまわくわく洋画教室のadviser、Painterのreikoです。

四つ葉  〖場としての《游》展〗は
故 画家 富川潤一先生の画塾で学んだ仲間たちが、
1999年 画家富川潤一 先生 追悼展を
第一回として出発した展覧会です。
  2001年から他のメンバー作家も加わり、
作家が それぞれのコンセプトの表現を探りながら
個展形式の展示を続け、研鑽してまいりました。

2014年からは 子ども達にも展覧会を学んでほしいと思い、
《大人 & 子供展》として企画し、
2018年には20周年を迎えることが出来ました。

次回展覧会は
新潟市〖砂丘館の蔵〗で
小品展を
2021.5.に   開催予定です。

是非ご高覧いただきたく
お願い申し上げます。





◆  メンバー作家 紹介 ◆

四つ葉  小山 玲子

〖游展〗には1999年より出展、2018年に20年目を迎えました。

生命は宇宙の彼方から姿を変えながら来た
不確かなすぐに失われてしまうものともいえます。
《平和》のコンセプトにも通じることですが、
この生命のほんの一時の輝きを思い
《宙(チュウ)》の《時のなか》として
表現出来たらと制作を重ねています。

IMG_20191013_112606.jpg
  《 宙 •  (ときの中で • 水の花 ) 
          S50    油彩  小山 玲子  》

四つ葉 岩本 スミ

1999年から〖游展〗にほぼ皆勤出展。
《大地のめぐみ》他、色を意識し制作。
また《猫を擬人化》し制作。
その他故郷の加茂市風景も制作。


_20190806_192125.JPG
        《  監 視 》              〖  油彩  岩本スミ



四つ葉 舎川  啓子   (関東在住)

〖游展〗に2001年より参加。
『色彩と造形』をコンセプトに
    卓上静物や人物の制作を重ねています。


_20190812_152828.JPG
       (《図 と 地 》  油彩 •  舎川 啓子)


四つ葉  厚地 富美子

〖游展〗に2007年から参加。
木版画歴40年程。
《生活の中の人》をいろいろな角度から
  表現してきた他、
《古代遺跡》や古代遺跡につながる《宙(そら)》なども制作。


_20190814_130616.JPG
    《 縄文の祭り 》( 木版画  厚地 富美子)


四つ葉 小林 哲夫
    〖游展〗に 2014年から毎年参加。

『数十年自然讃歌の風景画を描いてきました。』

IMG_20180706_072314.jpg
  ( 油彩 • 小林 哲夫 )


四つ葉  浜口 里恵子

人物や静物の造形作品を長年描いてきましたが
最近は《 青い鳥 》をテーマに描いています。


_20180916_051605.JPG
(《 青い鳥 》F50 油彩 浜口 里恵子 )


四つ葉 五十嵐  藍子

游展には2018年より出展。
2020年は『mind』をテーマとして
制作したいと思います。


_20190909_094631.JPG
(     Ma beaute affection   F50 •アクリル    五十嵐 藍子 )


四つ葉 蓮尾 卓行
   
游展 には2016年より毎年出展。

《 外から見た内。 内から見た外。
     外から見える内。 内から見える外。》
 2018年より《 内と外 》をテーマに制作。〗


_20191003_153207.JPG
 (《 内と外 》アクリル  蓮尾卓行)




  ****   参加出展者   ****


星2 猪股 香織

1563960244683.jpg

   (   F30 • アクリル      猪股 香織 )  


星2 宇田 和美 〖写真〗

_20191013_153716.JPG
    《 食事中 写真  宇田 和美》


星2 小 川  真 子

IMG_20190924_133846.jpg
  〖《 けもの道 》 M12    油彩    小川 真 子 〗


星2 荻野 ともか

_20191003_191851.JPG
〖《  海 から• 一歩 》   F30 油彩   荻野 ともか 〗
        

星2 K.T

_20191018_074212.JPG
〈 生命   油彩 F50   K•T〉


星2 西山 みち子

_20190924_140429.JPG
       ( 《 秋 》 パステル   西山 みち子)



四つ葉渡辺 円太

_20190725_140200.JPG
(  《 夏 》        油 彩   渡  辺 円 太)






posted by れいこア‐トル‐ム at 00:01| Comment(0) | お知らせ