2020年05月05日

子供と絵とW 人の全身を描いてみましょう。

こやまわくわく洋画教室のadviser & PainterのReikoです。

今年もいつもの春のように、
何事もないように庭の藤の花が
咲きはじめ、クマンバチが忙しそうです。

さて、 今日は人の全身を描いてみましょう。
『人はむずかしいからいやだー 』
という声が聞こえてきそうですね (^^)

人はそれぞれ骨や筋肉(キンニク)がちがっても、
人間の体の共通した仕組みがあるのですから、
チャレンジして描いてみましょう。
でも頭の中だけで描くと
つまらない作品になりがちですからなるべく
人 (自分でも)を見て描ければ一番良いです。

とりあえず人の体のかんたんな仕組みを勉強しましょう。

下の絵は 小学生から大人まで、体の比率(ヒリツ) を
〖デッサンの場合は頭 (ひたいからあご)の大きさと
全身との割合をいうことが多いのですが 。 
だいたい描いたものです。
この簡単な絵には描いてありませんが、
赤ちゃんは3頭身位、
3さい位は4頭身位
5さい位は5頭身位。かな〜
絵の一番左は小学校低学年位で6頭身位。
その右は小学校高学年位で、7頭身位。
大人は一番右で、だいたい8頭身位。
これらの割合 (ワリアイ )は
個人差  (その人その人でちがうこと)が
ありますから、描く人をよくかんさつして
描いてくださいね。


IMG_20200506_005148.jpg


ダイヤ手の親指と中指をいっぱいに広げると
だいたい顔の長さになります。
これを1とすると、
のどのつけ根から肩の上の骨の出っぱったところまで
になりますね。
きらきら肩の場所がわかりました (^^)v きらきら

スパーク2(キラリマーク)下記は 岡信子さん作の〖ぼうしは  ひまわりよ〗
のお話を読んで小学校2年生が
自分がお姫様になったことを想像(ソウゾウ)して描いた
下がきのとちゅうです。
これからもっともっとどんな風に
想像力がふくらんでいくか楽しみですメロディ


IMG_20200506_133304.jpg
(あらすじ)
『おしゃれなお姫様が、自分で育てたヒマワリで、
ぼうしにヒマワリをかざりたいと考え、
庭師(ニワシ)からタネをもらう時に、
タネがたくさんできるヒマワリの花のしくみのこと、
タネから料理に使う油《ヒマワリ油》が
できることを教えてもらいました。
お姫様はステキなことだと思い、
庭にヒマワリのタネをたくさんうえました。』


スパーク2(キラリマーク)6〜7頭身位にとてもじょうずに描けましたスパーク2(キラリマーク)

みなさんも描いてくださいね  メロディ



posted by れいこア‐トル‐ム at 00:00| Comment(0) | 日記