2018年08月16日

ドローイング drawing U


こやまわくわく洋画教室の Painter & Adviser のReikoです。

ドローイングのご質問がありますので2018.2月のブログを
再掲致します。

drawingはアメリカでは日本でのデッサンに似た意味で
扱われていますが、もう少し詳しくお話させていただきます。

drawingは現在ではその他様々な解釈で扱われ、
テーマを探し出すもの、表現を探し出すものとしても
位置づけられています。
基本的なdrawingでは
対象を鉛筆で実際なぞっているつもりで
膨らんだり、先細りになったりの線で
ざっとの線がきを繰り返すうちに 輪郭線とその内側の立体感を
だすことが出来るようになりますが、
とりかかりとして最初は静物がdrawingしやすいかも•••ですね。

日常じゃまにならない台の上に一つ、またはいくつかの物を
組み合わせて置き、いつでも続きを描ける状態にして、
drawingを完成するまで続けます。
そのうち興味をそそるものが少しわかってくるかもしれません。
建物、人物、動物、花 etc.
抽象でもそのもととなるものがあるはずなので、
自分の興味をそそるものに挑戦してみたいですね。

また一枚のdrawingは出来るだけ細部迄ていねいに仕上げ、
もう一枚は
ドイツのマックス•エルンストが始めたとされるが
フロッタージュや
インプレッシング(目に見えないdrawing)、
スグラフィート(イタリア語で引っかく)、
スフマート(イタリア語で柔らかくした他 )、点描 etc.
などの技法や異なる画材を組み合わせて表現を
探っていくと楽しいですね。

drawingは見ること•なので  いろいろ試すことにより
想像力が刺激され、柔軟さをもつように思えます。

私もそんなことを考えて制作のためのdrawingを
続けていきたいと思っています。



IMG_20180726_090846.jpg
(《宙(ときの中で)  P100  混合技法 小山玲子》








posted by れいこア‐トル‐ム at 10:54| Comment(0) | 日記