2018年05月03日

春景

こやまわくわく洋画教室のAdviser&PainterのReikoです。

庭の藤が満開です。
今年は大雪で木々がどうなったか心配でしたが
かえって勢いよく、また美しくなり、
自然の強さには驚かされます。

今回も作家の小林 哲夫さんから春景を☆

星2『5月初旬起床すると快晴だ。ヨーシ!
       今日は山里の絵を描きたくて早朝
       粟ケ岳の麓へ車を走らせる。
       静かな山村の写生地に着くと水を張った田は
       里の新緑の樹々、粟ケ岳を映し、まるで鏡を
       敷き詰めた様に光輝いている。美しい!
       時間があるので北峰、中峰、主峰粟ケ岳の
       三峰全山を欲張って描いてみた。
     
IMG_20180505_161814.jpg
  〖《水張りの頃•粟ケ岳》(加茂市 小乙)  
        文•油彩画       小林 哲夫)〗


星2『安曇野IC(旧豊科)を降り高速道路沿いの下道を
       新潟に向かって2Km程走ると、道の駅スイス村がある。
       そこからの眺めは安曇野を象徴する様な風景が広がっている。
        日本の屋根、残雪の北アルプスが連なり、
        山麓に広がる田園風景と、
        立派で美しい屋敷林が点在している風景は
       そのまま一枚の絵になるが、
        写生は観光客が菜の花畑にも大勢あふれているので
        勇気が必要だ!覗かれることを覚悟して描いてみた。

_20170904_104443.JPG
〖《安曇野春景》(豊科町スイス村)
       文•油彩画   小林 哲夫〗


春景 ありがとうございました♪  田植えも始まりましたね。




posted by れいこア‐トル‐ム at 00:00| Comment(0) | 日記