2013年11月11日

富川潤一先生のこと (1)

こやまわくわく洋画教室のadviser、Painterのreikoです。

『富川潤一先生のことを』 という声がありますので
少しづつ書いていきたいと思います。
なにかありましたらお聞かせいただければ
幸いです。

富川潤一先生が70才前頃でしょうか。
知人に頼まれたとのお話しでしたが、 新潟駅前で
油彩画の画塾を5〜6年されておりました。
20才前後の若者が10人位と各年代の方、全部で
15〜16人位はいましたでしたでしょうか。
私もその場で4〜5年程 先生から多くのことを学ばせて
頂きました。
そして先生は私達のことを、時々何かを考えるように、
『君達は仲が良くていいね。』とおっしゃってましたが、
それは先生が決して一人一人を否定されなかったから
なのではないかと思います。
その仲間と、先生が画塾をおやめになってからも、
お亡くなりになる迄、何かと理由をつけてはよく
お目にかかりに行ったものです。

また写生にも、十数名で車を連ね、
たびたび行った事もなつかしく思い出されます。

ところで
下記のような画家としての人生を歩んでこられた富川潤一先生は
前にもご紹介させていただきましたが
『帝展で民族性を帯びた群像を描くことを意図し、朝市を画因とした』
との言葉を残され、多くの市場の作品を描かれています。
その市場の作品の中、 新日展で画家藤田嗣司氏がたいそうほめてくれた
という作品は、かなり前に取り壊された新潟市の公会堂に
展示されていましたが、今は新潟市美術館の所蔵品となってます。

また今でも新潟県立ガンセンター病院や済生会三条病院に展示され、
いつでも観ることの出来る富川潤一先生の市場の作品が
あることは新潟の歴史を感じることが出来、
うれしいことと思います。

また富川潤一先生は京都で
日本画の修業もされたこともあるのですが
新潟県新発田市出身である実業家 大倉喜八郎氏の
新潟日報紙上(1954年(昭和29年)1月〜3月迄
【越後 あの人この人】での《若き日の大倉》の
挿し絵を描かれています。
また 新潟市巻町出身の書家 巻 菱湖の伝記で
(巻町が発行の《巻 菱湖》・巻町双書34 にも掲載されてますが、)
新潟日報紙上の【越後 あの人この人】の第二話として
1954年3月〜5月迄の掲載の挿し絵も描かれています。

富川潤一先生が京都へ日本画研究の為に
行かれてた折に描かれた画帳を拝見したことがありますが
描き続けてこられた先生ならではの挿絵と…。



IMG_20131111_130232-1.jpg

(写真は富川先生のお嬢様のご許可を頂いて掲載してます。)


☆富川潤一先生の略歴
1907年(明治40年) 新潟県長岡市栃尾生まれ

1928年(昭和3年)21才 安宅安五郎門下生となる
  岡田三郎助の本郷絵画研究所にて
  素描を学ぶ

1929年(昭和4年) 22才 第16回光風会 初入選

1930年(昭和5年) 23才 第11回帝展 初入選

1933年(昭和8年) 新発田の呉服店浜屋長女と結婚

東京下落合 アトリエ村に住む

1937年(昭和12年) 30才 日本画研究の為 京都に移住。
白御会会員に推挙

1945年(昭和20年) 満洲に出征
シベリアに抑留

1948年(昭和23年) 新潟市に定住

1975年(昭和50年) 紺綬褒章受章

1995年(平成7年12月9日) 88才 没

http://reiko-artroom.com/
posted by れいこア‐トル‐ム at 12:39| Comment(2) | 一期一会